自分にあったインターネット回線の価格や工事費用

自分にあったインターネット回線の価格や工事費用

インターネット回線は大きく分けると二つです。

固定タイプのものと持ち運び可能タイプに分類されます。

では、それぞれどのようなものかを説明していきます。

1 固定タイプのものは大きくわけて三つ。

固定タイプのものとは、自宅や職場にインターネット回線を引き、
安定した通信状態を提供できます。

通信速度や料金は、その契約したものによって
かなり速度差がありますが、お勧めポイントは2点です。

一つ目は、安定した通信速度での供給。

二つ目は通信量の制限がなく、使い放題というのが売りです。

どういうタイプのものがあるかというと、光回線、ケーブル回線、
ADSL回線の、主にこの三つです。

光回線は光ケーブルを延ばしてもらって、そこから通信します。

この中だと一番通信速度が速く、ヘビーユーザーからは大人気です。

欠点としては、今はほとんどの地域で利用可能になってますが、
一部の地域ではまだサービス不可だったり、集合住宅では
自己判断で契約できず、大家さんの許可が必要だったりします。

大家さんがNOといえばダメになります。

その点、一戸建てだと自由ですね。

ケーブル回線も光回線とほぼ同じですが、
こちらはインターネット回線が売りというよりは、
ケーブルテレビという動画配信サービスのほうがメインです。

基本的に両方セットが主流です。

インターネット接続だけでいうと、光回線より速度が劣ります。

しかし、動画配信も楽しめることと、
料金が光回線より安いことが売りです。

ADSL回線は、固定電話の回線を利用します。

ですので、自宅で固定電話を使える人は、ケーブルを
自宅まで伸ばしてもらうような工事は必要ありません。

ただ、利用する時は利用してる電話業者の工事、
工事といっても自宅に係りのものが来て何かするとかじゃなく、
基地局内での操作で終わるもので、大層なものではありません。

勝手に終わってます。

ADSLの長所は、新たに回線を引くわけじゃないので、
回線工事の料金はほぼかかりませんし、利用料金も
インターネット回線の中では最安値です。

しかしデメリットとして、通信速度がとても遅いことです。

基地局と契約場所の距離が通信速度に影響をします。

近い方ならとてもお勧めです。

光回線ほどではありませんが、動画を見たりするぐらいなら
まったく不便を感じない通信速度で楽しめます。

逆に、基地局まで遠い場合は、相当遅くなります。

通信サービスはADSL50mやADSL12mと色々ありますが、
どちらも低速すぎて、ほぼ差がないということもあります。

基地局と利用場所の目安の距離は2,5kmぐらいで、
それより近い人はかなりお得、遠い人には
いまいちと感じるサービスです。

引越した際に、そういった事も確認しておいたほうが良いと思います。

契約前に調べたほうが良いとは思います。

2 携帯できるタイプ

回線を引くという手間はありません。

では、どう接続するのかというと、契約をすると、
数日でルーターが送られてきます。

大体ルーターとセットになってるものが多く、
キャンペーン中のものを探せば、ルーター本体は無料のものが
あるので、ルーター代は気にしなくてOKです。

このルーターをコンセントに繋いで電源供給させてあげれば、
もう通信可能です。

固定式のものは契約してから回線開通までかなりの日数
(ADSLとかは2週間ほど)かかります。

しかし、このタイプは、契約すると即日に機材を郵送し、届くのは大体翌日、
そしてその日から使用できるのでとても便利です。

最大のメリットは、コンセントに繋いで使用してる間に
ルーター内臓のバッテリーが充電され、外出時は
そのバッテリーを電源にして使用可能になります。

つまり持ち運びが可能になるので、自宅で使いつつ職場でも使えますし、
外出先でも使用でき、とても便利です。

料金もやや高いぐらいのもので、固定タイプの光回線とかと比べると
こちらの方がお安くなってます。

一番の問題となるのは通信速度と通信量です。

現在はWIMAX WIMAX2+と二つに分かれています。

WIMAXの方が古いサービスなので、通信速度は遅いですが、
利用料金は安いという関係で成り立っています。

問題なのは、WIMAX2+のサービスを拡大するために
WIMAXが利用しずらい状況に変化していってることです。

現在はサービス初期の頃の三分の一程度の通信速度になってるので、
もっとも通信速度が遅いといわれた固定タイプのADSLと
互角の勝負になってるぐらいです。

WIMAX2+は通信速度がものすごく速いんですが、
欠点は通信量の制限にあります。

ヘビーユーザーだけじゃなく、動画とか見る程度のライトユーザーの方まで
制限がかかってしまう上限になってるので、使いづらいものとなってます。

しかも制限がかかってしまうと、ADSLよりも遅い速度になってしまうので、
微妙な立ち居地となってます。

それぞれの回線の長所と短所を考え、自分にあったインターネット回線と
契約してみてください。

回線によっては、途中解約は違約金の支払いを要求してくるものもあるので、
その際は慎重に。

これらの速度や価格、工事費用などを比較し、速度の目安も
ある程度たって割引などキャンペーンがあるかどうか、
調べることが大事です。